雑所得の税率の算出方法

スポンサードリンク

雑所得の税率での雑所得には事業所得、給与所得、退職所得、配当所得、利子所得、不動産所得、山林所得、一時所得、譲渡所得、以外の所得になりますが、金銭の個人的な貸借によって得た利子収入や、恩給や年金などの所得として考えにくいものや、一般人で作家や著述家でもない人が得た印税や原稿料、放送謝金や講演料なども雑所得となります。
一般の人には雑所得に関する認識は馴染みのないものではありますが、総合課税のうちの1つである雑所得の税率は、雑所得には事業所得、給与所得、退職所得、配当所得、利子所得、不動産所得、一時所得、譲渡所得などと同じ部類に入り、税率は総合課税の超過累進課税と言われ、これらの所得と雑所得の税率は合算され算出されるのです。ですので他の所得があり、急に税率が雑所得を加えることによって上がってしまう事も考えられますので、雑所得が得られたからといって、喜ぶ事はできません。恩給や年金で暮らしをされていられる方は税率が上がるのは非常に生活に響くと言えるでしょう。

雑所得の税率の基準

雑所得の税率で雑収入を加えて330万円を超える所得額になると、20%となり10%であった利率が倍になってしまいます。この税率アップで330万円を境としたの巾が一番大きくなる上限としては40%という1800万円以上の所得になります。低所得者で330万円という基準を高所得者として考える事は、差が大きいような気がしますが、常に330万円と言う数字を念頭において雑所得の税率を考える上では必要がありえます。
収入を雑所得として得る時は、330万円ですと税額は3万3千円になりますが、1円でも330万円を超えると6万6千円となり、3万3千円の差額になります。ですから収入を残すには3万3千円以上である必要があり、これは所得税としての話の雑所得の税率で、所得税に地方税などの税金も関連してきますので、もっと高い収入でなければいけない事となります。

雑所得の税率の注意点

雑所得の税率を考えるときは、常に総額ベースで所得を考える必要があり、ただ働きだけでなく、減収となってしまう恐れもあります。更に一年遅れて地方税は徴収されますので、家計を後から直撃すると言えるのです。金銭の個人的な貸借で、金利を安易に徴収したりするとかえって所得を減らすことになりかねませんので、金銭貸借を親しい方との間で金利などは取らないほうが賢明といえます。

スポンサードリンク

雑所得の税率とは

雑所得の税率の計算は単独で行われるものでなく、不動産所得や給与所得などの所得と合算されてた上で決まります。総所得金額として雑所得は確定申告のときに納税しますが、どのようなモノが雑所得か分かってない人が多いと思います。